Commitment leads decisions


目標は決意を導く。
by h_kei0521
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アジアカップ!(備忘録的な感じで。)

いやー、負けました!
見事にやられましたねー、サウジに!

日本のやりたいことはことごとくサウジに研究されていた一方で、サウジのやりたい事をしっかりやられて負けた、そんな印象。
日本は予選リーグから攻撃が徐々に形になってきて、特に高原なんか冴え渡っちゃってたし、遠藤は相変わらず地味にうまくて、ケンゴは水も運べて建物も造れて、そしてやっぱり川口は神がかってたのに。
オーストラリア戦の高原と川口には涙が出そうになったのに。
負けましたねー、あっさりと。

日本は後ろでじっくりボールを回してサイドをガンガン変えて、相手の守備にほころびが出来たらそこからスピードアップ!でもこれサウジには研究されてましたね。画面にはたぶんそんなにたくさん映ってないけど、中村憲剛がボールを持って反対サイドを向いたときなんかは、そのサイドのサイドバックがものすごい勢いで取りに来てた。中盤を狭くしたのもサウジの狙い通りにはまってた感じがします。
プレッシャーきつくなると途端にボールまわせなくなるのも悲しい。鈴木啓太がもっとうまければ。。。

でもね、目指す方向、「ボールも動いて人も動くサッカー」。このコンセプトにはすごいワクワクさせられます。コンフェデは出られないけど、2010年の最終予選今から楽しみです。オシムありがとう!

そして愛する中村憲剛のパフォーマンスも、ほとんどボールを左右に散らしてるだけですが、随所にDF面での貢献もできるようになってきて、何よりも安定してきたので、彼のこれからがすげー楽しみです。
あとは矢野とか伊野波とかもっと見てみたかったなー。太田とか。
3決は普通なら控えを出すんだろうけど、相手は韓国だし、何せ次回のアジアカップのシードが掛かってる。もう1つ「絶対に負けられない戦い」に勝って気持ちよく終わりたい!などと願いつつ、もう寝ます。
[PR]

# by h_kei0521 | 2007-07-26 03:48 | Soccer

もう1年

経つわけかと実感した週末でした。
怒涛の社会人1年目、あっという間でした。

仕事終わってからビアガーデンとか、スポーツジムで汗流したりとかできなかったのは残念ですが、同期にも恵まれ、出張にも行ったし、楽しい1年目でしたよ、ええ。

もう「2年目」です。「新入社員」だとか、「1年目」って言う肩書きが懐かしく思えてしまうぐらい環境も変わって、会社には新入社員も入ってきて、自分の周りが激変していきそうな気配がします。
だからこそ、身近にいる同期とのつながりは大切にしたい。
3月末、また1人同期が会社を去りました。研修なんかも一緒だったし、価値観にも共感できる尊敬できる人物だったから寂しくなりそうです。またつくばで、お互い充実した笑顔で会えたらいいな、なんて思います。
それにしても土日は久々に同期と飲みまくった。君らサイコーです。

でも最近は時間を共有する同期の顔ぶれが固まってきたような気がする。自分にも原因(?)ありますが。
嬉しくもあるけど、寂しくもある。
もっと研修時代のようにいろんな人と絡めたら楽しいのに。そのためには時間を創らないと。
「After 5」が2年目の課題ですね。
[PR]

# by h_kei0521 | 2007-04-04 02:26 | Essay

定番

新年、これがないと始まりません。

と言うわけで、今年も行きました、三ツ沢公園球技場。
そう、高校サッカーです。

お正月の定番スポーツは駅伝、大学ラグビーなどなどいろいろありますが、高校のときから欠かせないのはやっぱり高校サッカーです。

中でも新年に行く三ツ沢には独特の雰囲気があって大好きです。
何ともいえないスタンドとピッチの距離感。
たぶんスタンドとピッチは5mぐらいしか離れてないので、選手の息遣いまで聞こえる、と言っても言い過ぎではないはず。国立とかでやる代表戦も独特の雰囲気があって好きだけど、ガラガラの客席で(代表戦に比べれば)、三ツ沢みたいな距離感のピッチでやる試合もいいもんだわ。特にお正月にまったり見るには最高!

試合は注目される選手なんかもあんまりいないし、地味だったけど、毎年定番のあの雰囲気を味わうには十分。
来年もまた、きっと三ツ沢へ行きます。
[PR]

# by h_kei0521 | 2007-01-03 18:50 | Essay

怒涛の2006年。

年末の、何とも言えない雰囲気が好きです。
そわそわするような、のんびりするような、何とも言えない雰囲気が。


それにしても、2006年、怒涛のように過ぎていったこの1年。
今までとは全く違った1年。学生と社会人は違うんだね~、ってことを実感。


2月とか3月には旅行行きまくってたのに、12月には残業で帰宅時間29時を記録。自己ベストですよ、まさに。
9月には初海外出張でタイにも行きました。生まれて初めてのタイでお腹も壊しました。
研修やってた4月には考えられないような社会人生活送ってますが、1年目から無闇に締め切りに追われまくり、何もできない自分の無力さに凹み、同期にグチをこぼしつつ(2階の皆様にはいろいろと共感していただきました)働いたこの経験は今後生きてくるんでしょう、たぶん。
2階で共に戦った仲間もそうですが、そのほかの同期のみんな、特にサッカー・フットサルを毎週のようにしまくった仲間や、Honolulu以来、いや、それより前内定以来付き合いのある皆さんには迷惑もたくさん掛けましたがほんとに感謝です。今のんきにこんなブログ書いていられるのもみんなの存在あってのもの。

この1年で、多少なりと自分の仕事の姿が見えてきたのは数少ない収穫。
おそらく来年出張行くときには自分が担当している発電所も多少なりと形になっているだろうし、それを見るのは楽しみ。こうやって少しずつ楽しみ・やりがいを発掘しながらやっていければいいね~、って感じです。あーあ、仕事の話ばっか。


来年は旅行に行きたい。
海外に。
ハワイ、アメリカ、カナダ、韓国、中国、スペイン、イギリス、イタリア、フランス、東欧、オーストラリア・・・行きたい国は無限。
でもやっぱ「イギリスでプレミアリーグ!」か「スペインで気ままな旅!」か「中国ぶらり旅!」。この3つ。友達といけるならハワイでもいいかも。
あと来年はジム通う!

こういうのも含めてプライベートを充実させていくこと。仕事よりも大事な目標です。
[PR]

# by h_kei0521 | 2006-12-31 19:45 | Essay

もんもんもん

という漫画が昔ありましたね、たしか。
しょーもない内容だったはずだけど。


今回はこんなマンガどうでもいいんです。


最近、こう、悶々とする日が続くのです。

何に悶々としてるかって、こう、やりたいことができない矛盾というか、自分ではどうしようもない部分への、なんというか不甲斐なさというか、焦りというか、歯がゆさというか。
悶々としています。日々。

まあ、だからこそ人生なのかもしれません。
全部思い通りにいってたら面白くないもん。


でも前もこんなことあったような気がする。
成長してないんかな?


何らかのBreak Throughが必要なのかも。
どうしても後のこと考えるとそんなことする勇気がないのも確か。

後を考えずにチャレンジする、そんな選択が必要なのかもしれない。う~ん。。。


こうして悶々としてるときの方が、実は解決した後よりも楽しいのかもしれないけど、果たしてどうするべきか
[PR]

# by h_kei0521 | 2006-11-18 23:41 | Essay